×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



投稿ナンバー 47
製作者名 スケール 使用キット名 H P
Asian さん MG 1/100 ストライクフリーダム -


◎制作者のコメント

今回はMGフリーダム改造のストライクフリーダムを作ってみました。
何気に簡単そうだと踏み込んでいけば、やること多いんです! さらに自分の好みに合わせていたらこんなのになってしまいました。
もともとは百鬼2nd用に仕上げたものですが、大会当日に本体だけ完成いたしまして、ライフルや土台はほったらかしでしたが、どうにか完成いたしました。

〜改修箇所〜

頭部
好みでMGフリーダムをそのまま使用しています

胴体
MGフリーダムのフレームを使い、肩のダクトと腹部のランチャーをSフリより使用しパテにて整えあります
またえりの部分を前方は1mm、後方は2mmの延長をほどこしました。
コクピットは開閉可能です


MGフリーダムの腕のままだと曲線を描いているのでフラット化、その際に肘の部分はのこしたまま
にしております。アーマー部はSフリのままだと薄く思えたのでパテにて新造しました(ビームシールド取り付け不可)


股間部を1.5mm延長し、それにともない各部の補正を行いました。
フロントスカートはMGフリーダムのを縦3mm延長、横に1.5mm延長、厚み1.5mm延長しています。
サイドスカートのレールガンはSフリのままだと短いので約20mm延長し細い気がしたので周りを0.5mmのプラ板で囲み修正しています。
リアスカートはSフリのものを使用し、自分なりにカッコよく整形し直し独立で稼動可能にしあましたが、あまり動きません。


膝の黒い部分を1mmのプラ板で囲み修正し、白い部分は丸みから角度があるようにパテにて修正。
ふくらはぎは切込みを入れて、切り込んだ部分にジャンクパーツを接着しました。

ライフル
銃口をMGフリーダムのを使用し形を整えて、先端の白い部分のでっぱりを大型化しています。

ドラグーン
ほぼスクラッチです。後ろの羽を上げたときにお互い当りやすくなるのでMGフリーダムの部品を使用しより離れて展開できるように改造しました。
また、先端に磁石を使用して脱着を可能にしています。
また、赤い噴射工は別の位置にオリジナルに考えたものを整形し接着しています。
ドラグーンのポッドは稼動しません



○管理人FDひろより

Asianさんより、 MGストライクベースのストフリをいただきました〜。
百鬼2ndにも出品されていたので、実際に多くの方が目にした作品だと思われますが、百鬼では完成していなかったものもついに完成して、投稿していただいたわけですね〜。

さーて作品のほうを拝見します。
正直いって特に文句のつけようのない迫力です!
製作過程から見ていたので、ドラグーンの巨大化は知ってたのですが、こうやって塗装完成されたものを見るとさらなる迫力ですね。
この作品を見て思ったのは、ストフリというより、SEEDの「舞い降りる剣」で、今にも墜ちるアークエンジェルの眼前に翼を大きく広げたフリーダムの勇姿が鮮明に浮かび上がりましたね。
まぁそれほどカッコよく仕上がっているってことですが。

工作や塗装については特に文句もないので省略しますし、デカールの配置も絶妙なバランスで多すぎず少なすぎずにバッチリですね。
↓の2枚の画像のドラグーンの展開した模様など、本当に凄いです。
台座がまたこのシチュエーションをさらに盛りたてていて、これは本当にAsianさんの代表作になる作品ではないでしょうか!

今回は投稿ありがとうございました。また素晴しい作品をお待ちしております。



作品のご感想は感想掲示板のほうにお願い致します。

(別ウインドウで開きます)