×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



投稿ナンバー 31
製作者名 スケール 使用キット名 H P
魔のナ さん MG 1/100 RICK-DOM (ガトー専用) -


◎制作者のコメント

□改造箇所
※頭部
とさか、前方に延長。
※腕部
肩の巨大化。
指の間接部を見えないようにプラ板にてカバー。
※その他
ビーズをワンポイントに。
Hアイズ+Uバーニア。
ヒートサーベルの位置を腰へ移動。

□塗装
600番にて水研ぎ→洗剤にて洗浄→アクリル(タミヤ)にて塗装
→クリヤ(アクリル)→デカール→クリヤ+フラット(アクリル)

赤→フラットレッド
青→フラットブルー
緑→フラットグリーン
灰→ニュートラルグレー or ジャーマングレー(どっちかです。。)


□あとがき
ガンプラ復帰、エアブラシ2作目となりますガトー専用リックドムです。。
表面処理の大事さを痛感させられる作品となりました。
あと、ピンバイスでの穴あけのむずかしさ。
ビーズの入れ具合がバラバラです。。。。
胸の目くらましは塗り忘れました。。。。
隣のザクは1作目です。埃と角の折れた跡はご愛嬌ということで。



とりあえず、エポパテによる整形、ビーズの埋め込みをやってみました。
手段が目的化した典型的な作品です。。。。
整形はかなりつらいものですね。まるで拷問です。。。。
時間をかけた割にきれいにならない。均一にならない。。。
真正面からの画像は撮る勇気がありませんでした。
かなり表面が荒れており、今後の課題というか、永遠の課題になりますね。



○管理人FDひろより

魔のナ さんより、リックドムをいただきました〜。
ブラシ塗装で2作品目だそうですが、とてもそうは見えませんね〜。
メタルビーズでのディテールアップも、おっしゃるほど気にはなりませんし、配置場所もとてもセンスがあると思いますよ。
もう気持多くてもいいかな〜っていう微妙なところですね。この辺は好みですけど。

表面処理に関しては、自分も課題なのですが、面倒なので、ついつい手を抜いてしまいがち!
ごまかしごまかしやっていますが、パテで成型したあとの表面処理は、コメントを見ると600番でやっているようですが、それだと大変ですので、300〜400番くらいから始めたほうが多少楽になるので、今度からそうしたほうがいいですよ〜。

さて、メールのほうに、「皆様の批評(ここがダメみたいなもの)を一度お受けしたい」 と書いてあったので、とりあえずいくつか気になった点をツッコンでおきます。凹んだらゴメンナサイ。

まず、表面処理はそれほど気になりませんが、墨入れはしたほうがいいと思います。
部分的にとかでなく全体にですが。アクリルなので干渉嫌ったのかもしれませんが、TOPコートの艶アリでちゃんとコートしてから作業すればなんとかなると思いますので。もちろん初めはうまくいかないかもしれませんが、墨入れすると全体に締まりが出ますから、スミ入れのカラーや濃度は好みですけど。

それから、作品として見ようとするのなら、背景は必ず使用したほうがいいと思います。
バックに他のものが写っていると、作品だけに視覚の情報がいかないので、作品が雑多に見えてしまいますからね。
製作中のものなら問題はないと思いますけど、折角苦労して作ったものですから。
あとはポージングですかね〜。あまり動かすと塗装ハゲの原因になるので自分もあまりやりたくはないのですが。(苦笑)

ちょっと偉そうに書いてしまいましたが、2作目でこのレベルはかなりなものだと思いますので、頑張ってこれからも製作してくださいね。自分の2作目を見てみてください。笑っちゃいますよ、あまりの酷さに。


今回は投稿ありがとうございました。また素晴しい作品をお待ちしております。



作品のご感想は感想掲示板のほうにお願い致します。

(別ウインドウで開きます)