×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



投稿ナンバー 27
製作者名 スケール 使用キット名 H P
たーちゃん さん MG 1/100 グフカスタム


◎制作者のコメント

みなさん、こんにちわ、たーちゃんです。MGグフカスの投稿です。
先に投稿された、りりももさんのグフカスにかなり影響を受けています・・・。
グフカスは、お世話になっている模型店のコンテスト用に突貫で作成したものです。
サフ後に、ガトリングの肉抜きに気が付きましたが放置(自爆)。そのあたりはご勘弁をぉぉぉぉ〜
投稿ではひさしぶりにCGも作ってみました。どうでしょうかぁ〜??

■改造箇所
頭部を幅詰めし、悪者顔になるようにしました。あと、口の部分に合わせ目があるので、アルテコで埋めて形状もなだらかになるようにしました。

■塗装
塗装ですが、HM誌から出ている越智さんの「カンペキ塗装ガイド」 のグフカスをそのまま真似て塗装しました。一応パッケージ アートっぽくなっているはずなんですが・・・

■塗装レシピ
腕、足、顔:ガンダムカラーグフカスブルーを吹いたあと、スモーク
     グレーでシャドー。そのあとエナメル塗料で墨入れ。
     エナメル塗料を溶剤で拭き取る際に、綺麗に取り去るのではなく少し汚れが残る程度にしました。
     最後にクリアブルーを少し色が出るぐらいに全体に吹きつけています。
胴体部 :シルバー+ブラック+クリアブルーを下地として塗装。
     その後、クリアブルーを全体に均一に塗り重ねる。
     エナメルブラックで全体を筆塗りし、乾燥後、ブルーパールを全体に塗装しました。
     光の当たり具合で見え方が変わるので良い感じです。
関節部、ブラック部
     :シルバー+ブラックで均一に塗り、エナメルブラック+ブラウンでベタ塗り。わざと筆跡を残し汚し効果をだしました。
ガトリングシールド部
     ;シルバー+ブラックで均一に塗り、エナメルブラック+ブラウンでベタ塗り。
     乾燥後、溶剤でわざとところどころ塗料を残し、金属の錆びを表現
     ガトリング、タンクは、クリアオレンジ、クリアブルーを吹き付け焼けを表現しました。


○管理人FDひろより

たーちゃんさんよりグフカスタムをいただきました〜。
皆さんご存知ないかたもいるかもしれないので、ちょっとマメ知識を。
グフカスの動力って何で動いているかご存知ですか?こたえは・・・
ずばり 「 漢 気 」です。(爆)
漢と書いて「オトコ」と読むのですが、やはりこのキットには漢ノリスはかかせないので、無理を言ってたーちゃんさんにも付属のフィギュアを塗装してもらいました。
完成投稿作品でもフィギュアの塗装をしているかたってほとんどいないのが現状ですね。
自分もあまり上手くないのですが、筆でちまちま塗って同時に飾るだけでも随分と完成のイメージが違うと思うのは自分だけでしょうかね?小物にこだわってみても面白いとは思うのですが。

さて作品を拝見していきましょう〜。
DHMの「カンペキ塗装ガイド」を参考にされてやったようなので、意地悪をしてそれを片手に感想を書いてみますね。
見比べるとやはり作例のほうがよく出来てますが、そこはそれ、要所要所でしっかりとやりこんでいるのがとても好くわかります。突貫作業で仕上げたとはとても思えませんね。
ウォッシングでの汚しもいい感じで、漢気を感じますね〜。これならさらにドライブラシでエッジを強調してあげてもよかったかもしれませんね。でもブルーパールはいい感じです。
ガトリングの鉄の焼けた表現もお見事ですね。

だんだんにレベルアップしていくたーちゃんさんですが、CGも大変よく出来てます。う〜んカッコいいぞ!
ちょっとガトリングの射出の表現は方向が微妙ですけど、ご愛嬌ですね。(爆)

今回は投稿ありがとうございました。また素晴しい作品をお待ちしております。

作品のご感想は感想掲示板のほうにお願い致します。

(別ウインドウで開きます)

もしくは、たーちゃんさんのHPまで。