×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



投稿ナンバー 11
製作者名 スケール 使用キット名 H P
たーちゃん さん MG 1/100 パーフェクトガンダム(装甲なし)


◎制作者のコメント

パーフェクトガンダムの装甲なし、つまりRX78-2 ガンダムを投稿します。このキットはとてもプロポーションがよく、アニメの設定に忠実なのではないかと思います。

Ver1.5より若干スリムな感じです。また可動範囲もMGなのでいろいろなポーズがとれるほど大きいです。

今回はCGにチャレンジしました。やっぱりビームサーベルできりつけるところが好きですね。特にしなりながら、ビームが装甲を切り裂くところは最高です!!!
テレビシリーズのCMの間のキャッチで、確かビームサーベルを切りつけるシーン(黒バック)があったと思います。それを思い出しながら作りました。

製作説明を簡単に・・・。
1.ゲート処理、墨入れを行いながら、素組み。頭部の合わせ目は消していません。
2.つや消しトップコート仕上げ
3.デカールはり
4.クレパス(黒)でエッジ部を筆塗装(クレパスシャドーとでもいいますか・・・)
5.つや消しトップコート仕上げで、クレパス部を定着させます。
6.エアブラシでブルーをうっすら噴いています。

装甲なしは反則かと思いましたが、また装甲を装着したパーフェクトガンダムを
いずれ投稿したいと思います。


○管理人FDひろより

投稿3弾目です。
だんだんとレベルアップしていくのを見ていますと、こちらも嬉しくなってくるような作品ですね。
今回はCGも初挑戦でご参加いただきました。
背景のさりげないボカシがキットを引き立たせてますね。多少ビームサーベルのしなりが不自然な感じもいたしましますが、CM間のところが良く再現されていると思います。

キットに関しては、パーフェクトガンダムのRX−78ですので、装甲をつけるために、多少他のRX−78とは違っております。
詳しい内容は雑誌などのレビューを見てもらうとしても、パッと見は判りませんね。シールドに狂四郎ロゴがなければ。

クレパスでのエッジ処理は濃くなりすぎるので、好みの分かれる所ですが、こういうハッキリとしたのは自分は好みですね。
特にネットでの場合はグラデなどは写真に写りにくいので、効果的です。逆にコンペなどの店頭に直接キットが並ぶ場合はもう少し抑え目にしたほうが良いのですが、なにを目指して製作するかですね〜。

ブラシの使い方も段々と上達してきたようですし、そろそろ全塗装に挑戦してみてはいかがでしょうかね?

投稿ありがとうございました。また素晴しい作品をお待ちしております。

作品のご感想は感想掲示板のほうにお願い致します。

(別ウインドウで開きます)

もしくは、たーちゃんさんのHPまで。