×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



製作者 作品名 形状 HP
hiro 氏 百 式 MG

■ 製作コメント

基本的なコンセプトとしては「Bクラブのc.o.v.e.rkitを使う」、「極端なプロポーション変更はせず、素立ちがかっこよくきまるように」です。
実は百式を製作するのが今年2度目で以前も同様の工作をしてるので、どちらかといえば前回製作した百式で行った工作を踏襲した形で製作しています。

頭部
Bクラブのc.o.v.e.rkitを使用。バルカンは秘蔵パーツのstudioRECKRESSのアルミ削りだしバルカンを使用しています(サイズの関係で、使用しているのは1/144用のタイプ2です)

胴体
首は軸を2mm延長し、首自体は1mm延長&2mm後退。首周辺はプラ板と市販パーツでディテールアップ。襟はプラ板を貼った上で削り込んでエッジをビンビンにしています。
コクピットハッチはパテを盛ってラインを変更しつつエッジを立てています。
腹部は1mm延長(腰と接続のボールジョイント位置はキットのままです。どちらかといえば隙間埋めの意味合いが大きいです)
腰は上半身接続用のポリキャップ位置を3mm上に移動。これに伴い恥骨部分の上端に1mmプラ板を貼って大型化。
股関節は一度切り離して5mm下に移動。基部はUバーニアでディテールアップ。
腰Fアーマーはスリッドを開口して、裏側にしりっど入りプラ板を埋め込みしています。
アーマー裏はマスキングで塗り分けています。

腕部
肩アーマーは関節軸を通す基部をピンバイスで穴あけしてディテールアップ。
肩アーマー裏はマスキングで塗りわけて、スラスターカバーは下端にプラ板を貼って設定通りの形状に変更。
スラスターはc.o.v.e.rkitのパーツを塗装後に貼り付け。
サイドアーマーは先端をプラ板で1mmほど延長して削り込み、裏側はスリッド入りプラ板で埋めています。
下腕はアポジモーターにつぶし玉を埋め込み。
HDMはMG Zガンダム2.0用ですが、サーベル持ち手が使えない為にキットの可動指を利用するべく、HDMのボール部を大型化してキットのポリ受けのまま装着できるようにしています。

脚部
太ももは股関節部の周辺を削りこんで可動範囲を拡大。
スネはシリンダーの後ハメ加工を行い、くるぶし部はUバーニアと丸バーニアでディテールアップ。シリンダー部も基部にリベットパーツを貼ってディテール追加しています。
ふくらはぎスラスターは、肩と同様にc.o.v.e.rkitのパーツを塗装後に貼っています。
足首はポリキャップ位置を1.5mm上に移動しています。かかと部分はスリッド入りプラ板と1mmプラ板でディテールを追加しています。

バックパック・武器類
バックパックはスラスター部分の肉厚を薄く削りこみ(スラスターの逃げの関係です)した以外はキットストレート組みです。スラスターはBe-Jのアルミ削りだしバーニアを使用しています。(小さいスラスターパーツをクリアレッドで塗装しています)
バインダーは基部の後ハメ加工を行った以外はストレート組み、武器類はセンサー部にラビーテープを貼って、ビームライフルのパイプパーツの後ハメ加工を行った以外はキットストレート組みです。

塗装はフィニッシャーズ(F)、クレオス(C)を使用しています。
金色はちょっと無機質というか冷たい感じを目指して朝食したんですが、そうでも無かったです・・・

ゴールド
下塗り:スーパーディープブルー(F)
中塗り:スーパーゴールド(C)
上塗り:スーパーゴールド+クリアイエロー(C)少量
レッド:ルミレッド(F)+カーボンブラックマッド(F)+蛍光オレンジ(C)
ダークブルー
下塗り:ブルーパープル(F)
上塗り:スーパーディープブルー
グレー(薄):ファンデーショングレー(F)+カーボンブラックマッドを8:2で混ぜたもの
グレー(濃):ファンデーショングレー+カーボンブラックマッドを6:4で混ぜたもの
武器類グレー:ファンデーショングレー+カーボンブラックマッド+ピュアブラック(F)
シリンダー等:ファインシルバー(F)

スミ入れはタミヤエナメル(オレンジ・ハルレッド・ブラック)で行い、デカールはガンダムデカール「MGガンダムVer.ka用」「MG百式用」(水転写式)を使用しています。
トップコートは金パーツはフィニッシャーズのオートクリア(本当はウレタンクリアを使う予定だったのですが、諸事情で断念)、それ以外はクレオスのスーパークリアつや消しです。

何回やっても金色は難しいですねぇ・・・
この後また金色のブツ(ただしMSじゃないですけど)の布石として考えてたんですけど、難しいです。



◎主催者より
hiro さんより、百式をいただきました。
百式も2体目になり、やはり人によっていろいろな特色があって面白いです。

いろいろと改修なさっていて、よくやるな〜っていうのが素直な感想でお疲れ様でした。
大変だったでしょうね。
市販パーツなどを組み合わせてすごくバランスよく仕上がっていると思います。

で、問題のゴールドですが、シルバー地からではなくゴールド地からの仕上げでかなり光っていて素晴らしいですね。
こういう金もありでしょう〜
それから、ウレタンクリアを使わなかったのは、諸事情かららしいですが正解だと思います。
塗膜がかなり厚くなりますので、やぼったく仕上がってしまったと思いますのでね。

ところで・・・・
最後の画像ってなんだったのでしょうかね?ピンが肘裏あたりに合っているのですが。(爆)

今回は投稿ありがとうございました。また素晴しい作品をお待ちしてます。


よろしければ、あなたのご意見・ご感想をお待ちしております。
ご感想は感想掲示板のほうにお願い致します。

(別ウインドウで開きます)

もしくは、hiro氏のHPまで