×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



製作者 作品名 形状 HP
tomo 氏 Zガンダム Ver.2 MG

■ 製作コメント

□改造箇所
大掛かりな工作はしてないです
顔の削りこみと全体にスジ彫りの追加やプラ板貼ってのディテールUPをしてます。真鍮線やプラ棒でのバー状ディテールを要所に配してみたり。
肩は変形に支障が出ないレベルでボリュームアップしてます。

あとはWR形態のメインカメラとしてシールドにモノアイを取り付けてみました。。合わせ目消しが困難なウイング部分はモールド扱いにして掘り込んでます。テールスタビライザーにも光学センサー(らしきもの)を付けてみました。T3部隊のジェネレータも付けてみたり…

□塗装
ホワイトとブルー部分はフィニッシャーズを使用。他はクレオスです。調色は…適当だったので覚えてません(汗
今回初めてスプリッター迷彩とゆーものにチャレンジしました。フィニッシャーズも初めて使用したんですが、多くのモデラーの方々が愛用するだけあって素晴らしい物でした。特にスーパーファインコバルトは本当に素晴らしい色でした。(撮影技術が低いので伝わらないかもしれませんが…)

□あとがき
まず最初に貴重な公開の場を与えてくれたFDひろさんに感謝感激です。ありがとうございました。
エントリーされてる方々が錚々たる顔ぶれなんでビビりながら製作しましたww
今後の肥やしにするためにも、感想・ダメだしなどいただければ幸いです。



◎主催者より
tomoさんより、ZガンダムVer.2をいただきました。
主役機の登場で、自分もがぜんやる気になってきました。

さて作品を拝見します。
パッと見てカッコイイ〜って思ってしまうほど良くできてますね。
キットの素体がいいとはいえ、ここまでもってくるのは大変だったと思います。
ちょっと画像でディテールの細かい部分が判断できないのが残念ではありますが、制作コメントを読みならが見比べるとなんとなく判ります。

塗装のスプリッターも非常によく似合っていますし、カラーリングの濃淡のバランスもいいですね。
それに合わせたマーキングの配置も自分好みです。
MS時の上半身がスプリッターやディテールの影響で、多少は面の情報量が多い気がしてしまいましたが、WR形態の時にはこのくらいあったほうがいいので、どっちとも判断が付けにくいのですが。

もとのキットが凄いできとはいえ、それをここまで持ってくるのには、大変な手間と根気が必要だったと思います。
ほんとうにお疲れ様でした。

最後に一点だけ気になった事を明記しておきますと、撮影はフラッシュを焚いてますよね?多分?
今後はなるべくやめたほうがいいと思いますよ。作品の色味や深みがおそらく実物とは大分違ってきてしまいますので。

今回は投稿ありがとうございました。また素晴しい作品をお待ちしてます。


よろしければ、あなたのご意見・ご感想をお待ちしております。
ご感想は感想掲示板のほうにお願い致します。

(別ウインドウで開きます)

もしくは、tomo氏のブログまで