×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。






Ver. 3


Modeler:natsu氏


★製作者さまのコメント

MGなのでプロポーションは素晴らしい。今回はエッジの処理中心に製作しました。

□改造箇所
※頭部
合わせ目消し。塗装のため後ハメ加工。アンテナのシャープ化。モノアイ、カメラは付属のシール。
※腕部
肩パーツのエッジ処理。
合わせ目消し。肩内部の合わせ目はモールドに処理。手首パーツは後ハメ加工。
※胸部
合わせ目消し。パイロットもそれらしく塗装しました(笑)
※背部
バーニアカバーのエッジ処理。
※腰部
各アーマーのエッジ処理。合わせ目消し。
※脚部
各部のエッジ処理。合わせ目消し。
※武器
ビームライフルの合わせ目消し。
ガトリングの銃身はモールド部分で切断し、3mmプラ棒と交換。
それに伴い銃身を10mmくらい延長。太さが微妙に違うため段落ちモールドに。
接続は真鍮線と接着剤。銃口部にパイプビーズを使用。塗装のため後ハメ加工。

□塗装
ガイド参考に塗装。
白=ガンダムカラー12(5号機用)
グレー=ニュートラルグレー
レッド=モンザレッド
イエロー=イエロー+オレンジ
ガトリング銃身=シルバー、黒鉄色
シリンダ、パイプ類をシルバーでアクセント

塗装後、エナメル(ブラック)にて墨入れ。デカール、シールを貼った後半光沢にてトップコート。

□あとがき
MGなので可動範囲も広くキットの出来はすばらしいです。キットの良さを活かせたかな?
ガトリングは結構自信作です。
シルバー、黒鉄色のメタリック塗装がなかなかいい感じになったと思います。
後はフレームとか見えない部分にもちょっと気を使ってみました。



■主催者FDひろより 一言・・・

エッジ処理は大変地味〜な作業ですが、効きまくっていますね。
全体的に引き締まった感じを受けるのは、キットの良さや塗装だけではなく、こういう作業に裏打ちされたものがあります。

基本は、ガトリングを除けばストレート組ですが、このガトリングの延長は正解ですね〜。
かっちょいいです。
自分もストライクでやったことがあるのですが、このガトリングの延長はプラ棒とかを使用しても、思ったよりも大変ですので、これだけ上手に出来ていると関心します。

塗装は、コメントにもありますが、取扱説明書のとおり。
でも、これって結構難しいのですが、まさに作例のような出来栄えです。
内部フレームも丁寧な塗り訳がしてありますし、コンペ作品の名に恥じないデキですね。



今回は、「Ver.Kaコンペ」への投稿ありがとうございました。また素晴しい作品をお待ちしております。


画像クリックで拡大画像(別ウィンドウで開きます)


作品のご感想は感想掲示板のほうにお願い致します。

(別ウインドウで開きます)