×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。






Ver. 20


Modeler: flower氏


★製作者さまのコメント

MG ウィングガンダムゼロ エンドレスワルツ版。大きな改造はしていませんが、RX78−2Ver.Kaのボックスアート風塗装を目指しました。

□ 改造ポイント
・全身のエッジ処理。
・各装甲裏はパテで充填。
・胸部ダクトのパーツを分割し、スキマをつけてみました。
・胸部コックピットハッチ上部をパテで形状変更。
・胸部の丸いクリアパーツの内部に丸バーニアを取付け、金属パーツを埋め込み。
・腰左右装甲にもスキマをつけ、金属パーツを取付け。
・太腿装甲の合わせ目部分にもスキマ
・膝装甲もパーツを分割しスキマ
・カカト部分をプラ版でボリュームアップし、金属パーツ埋め込み。
・主翼のエッジはウスウス加工。
・副翼はパテで裏打ちし、翼らしくエッジを処理。

□ 塗 装
・本体白部分:RX78Ver.Ka用ガンダムカラー白→タミヤエナメルライトブルーを筆で模様付け→マニキュアのパープルを吹付け。
・羽白部分:RX78Ver.Ka用ガンダムカラー白→タミヤエナメルミディアムブルーを筆で模様付け→マニキュアのブルーを吹付け。
・黄色部分:オレンジ→イエロー→マニキュアのピンク。
・赤色部分:RX78Ver.Ka用ガンダムカラー赤→マニキュアのピンク。
・青色部分:RX78Ver.Ka用ガンダムカラー青→マニキュアのパープル。
・グレー部分:ブラックグレー(一部ライトグレー)
・ゴムの翼:マニキュアのブルー
・眼と腕のクリアパーツ:裏側からシルバー、表からクリアグリーン。
・センサー部分:シルバー→クリアグリーン。
・翼のライン:シルバー→クリアオレンジ。

あとがき
大きな改造を充分にカッコいいので、エッジの処理やスキマをつけたりと小さな改造を中心に施しました。塗装はボックスアート風を目指して、初めてエナメルやマニキュアを使用しましたが、いかがでしょうか?



■主催者FDひろより 一言・・・

Ver.Kaコンペ記念すべき20作品目が届きました〜。
ウイング羽根ものとしては3体目になります。

さて改造は控えめながら、随所に隙間を開けたディテールアップや金属パーツの埋め込みなどさりげない部分で全体を引き立たせていますね〜

そして注目すべきはやはり塗装でしょう。
Ver.Kaのボックスアートって本当にカッコいいのですが、あの白っぽい感じを実際に出そうとするとかなり難しいです。
自分も以前に試そうとしたのですが、結局断念しましたが。
その感じをいろいろな塗料を重ね塗りすることで再現されていますね。
本体・ウイングなどのホワイト部のエナメルでの模様。マニキュアの塗料の粒子の粗さを利用した表面の微妙な凹凸。
実に面白い仕上げ方になってます。

あと小技ながら、本体の輝きをひきたたせるために、背景にシルバーシート(優先席ではないです)を使用しているところにも、注目してみたいところですね。撮影の背景によっても、その完成品の表情はガラリと変わりますからね〜。
こんなところにもコダワリを感じました。

今回は、「Ver.Kaコンペ」への投稿ありがとうございました。また素晴しい作品をお待ちしております。


画像クリックで拡大画像(別ウィンドウで開きます)


作品のご感想は感想掲示板のほうにお願い致します。

(別ウインドウで開きます)

もしくは、flowerさんのHPまで。