×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。






Ver. 10


Modeler:kirarin氏


★製作者さまのコメント

今回製作したVer.kaはまさかのMGキット化&Ver.Kaと、かなり話題をうんでいる連邦の丸いやつです 。

今回自分はMG初製作ということもありコレクションやHGでは味わえない内部フレームの出来の良さに 正直ほれ込みました。
よって製作コンセプトも【内部フレームを活かす】ことを念頭に製作しました。
他の人に話すと、内部フレームの色にこだわるのかな〜と思われがちになりましたので、思い切って 中身が見えるように外部装甲の削りこみを行いました。
そして内部フレームの3色塗り分け及び、随所にメタリック色をちりばめメカメカ感を演出。
これにより装甲を取り付けても中がちらりとみえるチラリズムが演出できたかと思います。

主な改造箇所は外部装甲の小型化、装甲のサイド側のスジ彫り追加&穴あけ。
アーム部は良い出来なのですが、本体との情報量に負けているので、0.3mmプラ板でディティールア ップ。そしてつかむ部分の軸にマイナスモールドを彫りました。
お約束の金属パーツの後ハメ加工もしています。

塗装の方はMGボールの設定画よりも少し青い色の方がボールらしく好きなので少し青味を付けています。
濃過ぎず薄すぎず結構良い感じの色味になってくれたかと思いますがどうでしょう? 内部フレームはこだわりの3色塗り分け。ほんとマスキング地獄でしたが、以前のコレクションに比 べると楽なもので楽しかったです(笑)
さらにそこからメタリック色を筆塗りで追加。機械としてのリアルさが演出できたと思います。

今回ちょこっとこだわってみた所としてFDひろさんのところでちょっと話題になっていた赤色の発色を自分なりに行ってみました。
下地は真っ白に仕上げ、赤の調色もホワイト多め蛍光色は普通とは違った入れ方をして、濁りの無い赤色を作りました。

塗装に関しての詳しい記述は長くなるのでhttp://kirarin-plus.hp.infoseek.co.jp/に載せているので気になる方はどうぞ。



■主催者FDひろより 一言・・・

「Ver.Ka」コンペに初登場のモビルポッド ボールですね。
このあとボール祭りのように、自分のも含め、続々と作品が届く予定です。
それにしても、こんなキットが発売するとは、本当にいい時代になったものです。MGにつき物の内部フレームをここまで見事にやってくれ、ついつい隠れる部分とはいえ塗装したくなるほどですね。

今回のkirarinさんの作品も、内部フレームの塗装にかなり力が入っています。
自分もこの時点で、内部フレームの塗装をしているのですが、完全に負けてます。ここまで塗り分けた技術と根性に脱帽です。
その内部フレームを見せる改造方法はかなりお見事で、仮組みの時にはどうなるかな〜と思っていたのですが、見えまくってますね。それもさり気なく!
MG初めてってほんとうですか?と疑いたくなるほどです。

そして塗装ですが、青系の通常ボールのようなカラーリングは、正直いって先にやられました〜!
自分もこの方向で塗装しようと思っていたので。(苦笑)
後だしして負けそうなほど微妙なブルーでの塗装が決まってます。これより濃いと折角のデカールが死んでしまいますし、薄いとキット色とそんなに変化がなくなってしまうので。
レッドの発色は濃度のせいか微妙なところですが、全体のバランスでみると丁度よい発色なのではないでしょうかね。

なかなか改造しにくい形態のこのボールですが、ディテールなどを含めて、さり気ないところを弄っているところは流石ですね。


今回は、「Ver.Kaコンペ」への投稿ありがとうございました。また素晴しい作品をお待ちしております。


画像クリックで拡大画像(別ウィンドウで開きます)


作品のご感想は感想掲示板のほうにお願い致します。

(別ウインドウで開きます)

もしくは、kirarinさんのHPまで。